2011年08月28日

DTMにおけるRAID 0の効果

さて、昨日パーツ交換が完了したPCを実際に使用する上でどれほ
ど速度の向上があるか、EastWest社のPLAYシリーズでHDD
交換前と交換後のサンプルの読み込み速度を比較してみます。
※PLAYエンジンのバージョンは全て3.0.21

■HDD1台   →  HDD4台(RAID 0)

・Quantum Leap Pianos
Yamaha C7 Full Patches yama master.ewi
1分34秒97  →  31秒91


・Quantum Leep Symphonic Orchestra
Large String Ens 50 Piece Str Sec Fst.ewi
13秒61    →  8秒06


・Quantum Leap Voices Of Passion
Syria Master.ewi
8秒57    →  5秒86


・Quantum Leap Ministry Of Rock
LP Delx PC Master.ewi
6秒47    →  4秒01


・Quantum Leap SD2
The Beast.ewi
16秒34    →  6秒19


大体、読み込み速度が1.5〜3倍にアップってとこかな?
明らかに体感できる速度の向上だし、やっぱり読み込みに時間が
かかるような大きいサンプルを使うソフトシンセは、RAID0が
有効っぽいですね〜

というわけで、本当はSSD欲しいけど高くてむりーという人は
HDD4台くらいでRAID 0にしてみるといいかも?
まぁ、この場合HDD破損のリスクも4倍になるんで消えて困る
ようなものは怖くて置けませんがw
【関連する記事】
posted by ユウ at 20:34| Comment(0) | DTM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。